有効性に疑問のがん粒子線治療でステージ4のがんは治る?

保険業界にいるからこそ見える医療業界…。

世の人々は不安の中で生きています。

何が真実なのか見えなくなって、健康って事自体が分からなくなっています。

何が良いのか情報が溢れすぎていて、振り回されてしまう。

健康についてとか、今流行りのなんていうのは全てある目的があって情報操作されています。

医療業界も例外では無く。

ニュース記事を目にし、もう正直ウンザリな感じです。

 

先日も、村野武範さんがステージ4の中咽頭癌だったが先進医療で治ったという記事が出ていました。

正直、は?(笑)でした。

3カ所も転移していて治った?

がんの陽子線治療も重粒子線治療も複数転移したがんには適さない治療だったはず…。

 

東北がん陽子線治療センター資料にはこう書かれています。

陽子線治療の基礎知識  南東北がん陽子線治療センター資料より

———————————以下 南東北がん陽子線治療センター資料「陽子線治療の基礎知識」より

陽子線(粒子線)で治療できるがん

すべてのがんが陽子線(粒子線)で治療できるわけではありません。先行する治療施設での経験により、からだの中でがんができた臓器により、陽子線には得意・不得意があることがわかっています。
現在、陽子線治療に向いていると考えられるがんは、頭頸部(鼻腔や副鼻腔、中咽頭、唾液腺、頭蓋底など、喉頭がんを除く)、肺、肝臓、前立腺、膀胱、直腸がん術後局所再発などの原発性がんに加え、単発性の転移性腫瘍です。 (「陽子線治療を知るために」記事内『南東北がん陽子線治療センターで治療出来るがん』参照)
国内のほかの陽子線(粒子線)治療施設ではこれらの臓器の他に、子宮や食道、膵臓、脳など他の部位のがんに対しても試験的な陽子線(粒子線)治療が行われており、有効性が評価されつつあります。
実際に治療を受けるためには、がんができた部位の他に、がんの大きさ、進行期、全身の状態などで制限されます。

進行期の制限

がんのもとの病巣(原発巣)から、他の臓器(肺・肝臓・骨・脳など)に複数転移している場合は、陽子線では完治させることが困難です。また、複数のリンパ節へ転移が広がっている場合も十分な治療効果は期待できません。
ただし、頭頸部がんの場合に手術で転移しているリンパ節をすべて取り除いた場合には原発巣への陽子線治療が可能です。

—————————————————————–ここまで

赤字にした部分、中咽頭がんには効果が無く、複数転移のがんは完治困難となっていますね。

でもネットでは村野武範さんは東北の病院で陽子線治療を受け現在完治している、と書かれています。

本当でしょうか?

で、先進医療の治療費が出る保険に入っていて良かったと記事が締めくくられている…(笑)。

 

私自身がまだこの世の情報に洗脳されていた時、先進医療って必要ですって話してました…。

すみません…私自身が本当にそう信じ込んでいました。

 

がんの先進医療の陽子線や重粒子線治療は300万円程もかかり、健康保険がきかない治療なので全額自己負担しないと受ける事が出来ない治療です。

そもそも先進医療とは厚生労働省のホームページにこう概要が書かれています。

「厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いた療養その他の療養であって、保険給付の対象とすべきものであるか否かについて、適正な医療の効果的な提供を図る観点から評価を行うことが必要な療養」

未だ試験中のもので保険診療の対象に至らない先進的な医療技術という事になります。

 

実際このがんの粒子線治療については以下の記事に書かれているように本当に効果があるのか?疑問です。

300万円かかる「がんの粒子線治療」は本当に夢の治療か?(DIAMOND online 2016.2.12)

 

高額な治療費、巨額の建設費用からも想像できるように、これまた巨大な利権が動いているとしか思えないです。

 

さらに以下の記事も…。

有効性に疑問符の「がん粒子線治療」 医療ツーリズム5500億の行方(AERA dot. 2015.9.21)

 

安倍政権の成長戦略の目玉で5500億円ですか…。

日本人だけでなく海外から患者を呼び込もうとしていたという事なんですね。

5500億円を見込んでいたとの事ですから、そうそう治療成果が出なくても諦められませんね。

有名人のつんくさん、なかにし礼さん、樹木希林さん、村野武範さん等が先進医療によってステージ3〜4のがんが消えたという事なのですが、本当でしょうか。

 

どこまでも巨大な闇の中の事のような気がしてならないのですが。

 

真実を知って下さい。

RAPTさんのブログのリンクです。

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

RAPT×読者対談〈第113弾〉ワクチンも薬もただの毒。論より証拠。

RAPTブログ読者の証言〈VOL.5〉乳癌らしきしこりを発見するも、祈りによって一週間でしこりが消えた40代女性。

RAPT有料記事122(2016年11月21日)なぜ神様は千年王国が来ることを自信をもって断言できるのか。または癌治療に関する最終結論。

私の記事です。

がん保険も医療保険ももういらない

医療の闇-安保徹先生が命がけで伝えたかった事

医療の闇-安保徹先生が命がけで伝えたかった事②

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA